糖尿病にならないように|お通じがよくなる|ポッコリからスッキリに
ダイエット

お通じがよくなる|ポッコリからスッキリに

糖尿病にならないように

サプリ

ブドウ糖は、体を動かすエネルギーになったり脳を働かせるもとになったりする重要な栄養素です。ブドウ糖は血液に溶け込んで体中に巡りますが、その時の血液中のブドウ糖の濃度を血糖値として表します。血糖値はすい臓によってコントロールされていますが、すい臓からは血糖値に応じて血糖値を下げる働きをするインスリンが作られます。すい臓が弱くなるとインスリンが作られなくなって、血糖値のコントロールが出来なくなります。血糖値のコントリールが出来なくなって、血糖値が必要以上に高いままになる状態が糖尿病と呼ばれていて、体に重篤な症状を引き起こします。糖尿病になると完治することは難しく、一生付き合っていかなければならなくなります。そうなる前に、すい臓を酷使しないように自ら体の中の糖分をコントロールすることが大切です。

食事をし消化されることで、体内でブドウ糖が作られます。なので、食事中や食後に血糖値が大幅に上がります。このときになるべく急激に血糖値をあげると、すい臓を酷使することになり、結果としてすい臓を弱めることになります。食事の仕方によっても血中糖度を急激に上がるのを防ぐことができます。まず野菜を食べて、それから魚や肉類を食べ、最後に米やパンなどの炭水化物をとるという食べ方です。またサプリを利用することで、ブドウ糖の吸収を抑えることができます。各社からさまざまなサプリが販売されているので、自分にあったサプリを見つけることが大切です。サプリは、食物繊維を多く含ませてブドウ糖の吸収を抑えるものや、インスリンの効果を高める成分を含んでいるものなどがあります。他に薬を飲んでいる場合は薬の効用に影響を与えることもあるので、医師と相談した上で利用することをおすすめします。